ユカヌバタイムス

2

Nov

EUKANUBA LOVER

あの人とバディの気になる関係♡
スタイリスト東美穂さんとこつぶちゃん(柴犬/♀/10歳)〜前編〜

愛犬(バディ)とともに暮らす、さまざまなフィールドの第一線で活躍する方々にフォーカスする「ユカヌバラバー」企画。 記念すべき第一弾は、ファッションスタイリストとして幅広く活躍する東美穂さん。今年10歳になったバディ、こつぶちゃんとの出会いから、仕事に同行する普段の様子、気になる食生活まで、じっくりとお話をうかがいました。

子供の時からそばに柴犬がいる環境で育った東さん

愛らしい表情を浮かべるこつぶちゃんは、どうやって東さんのところへ来たのか。家族と暮らしていた子供時代から柴犬を飼っていたという東さんが、こつぶちゃんと出会うのは必然でした。
「家族が柴犬好きで、小さい頃から柴犬を飼っていたんですが1頭目の子が寿命を全うしたあとも、同じく柴犬を飼っていて。子供の時から柴犬と一緒にいるのが当たり前だったので、独立してペット可の物件に住んだ時には、街中でもインターネットでも柴犬ばかりを見るようになっていて。その後、インターネットを介してブリーダーさんと知り合い、こつぶと出会いました。それが10年前ですね」

東家に来た当初のこつぶちゃん。お部屋でくつろいだり、車の助手席で遊んだり、心底リラックスして過ごしている様子が写真から伝わってきます。

そこから話はとんとん拍子に進んだそうですが、ブリーダーからこつぶちゃんを引き取る時、東さんはどんなことが気になったんでしょうか。
「こつぶを引き取るとき、事前に幾つも質問をしました。こつぶの体重や身長、あとはこれまでどんな病気をしたことがあるか。こつぶだけでなく、こつぶの両親の病歴や成犬のときの大きさも聞いておきました。そういえば“今は何を食べているんですか?”と尋ねたときに、どこかのドッグフードの“小粒を食べている”と聞いて、こつぶと命名したんです(笑)」。

取材中も静かに過ごすこつぶちゃん。「KOTSUBU」の刺しゅう入りL.L.Beanのトートバッグは、おやつやお水、トイレセットなど、こつぶちゃんのお散歩グッズが入っています。

毎日欠かさず2回はお散歩!
お仕事に同行したり、忙しく過ごすこつぶちゃんの日常にフォーカス

門前仲町付近がこつぶちゃんの散歩コース。

現在、10歳になるこつぶちゃんの毎日とはどんなものなのか。朝はやはり、お散歩から始まるそうです。
「毎朝、私が仕事へ行く前に45分から1時間程度、お散歩へ行きます。早朝からのロケ撮影があったりする場合でも、撮影場所への集合時間2時間前に起きてお散歩へ行きます。トイレもお散歩のときにしているので、この習慣は欠かせません。
その後、衣装の返却やリースがある場合、あまり暑くならない日なら、こつぶも助手席に乗せて同行してもらいます。うちに来た時から静かで、人に向かって吠えたりしないタイプなので、親しくさせてもらっているプレスルームへ連れて行っても、わりとおとなしくて安心しています」

プレスルームや車で東さんの仕事っぷりを見守るこつぶちゃん。キャップで決めたり、窓越しに満面の笑みを浮かべたりと目が離せません。

「仕事から帰ってきたら、夕方から夜にかけて、もう一度お散歩タイムです。朝と同じく45分から1時間程度お散歩します」

一仕事終えて、お家に帰ってきてからのこつぶちゃんの様子がこちら。

くつろいで、食事して、日向ぼっこして遊んでもらって。ひたすらリラックスして過ごすこつぶちゃん。

お仕事などで忙しくしながらも、ワンちゃんファーストを実践している東さんのライフスタイルですが、普段の心配ごとなどはあるんでしょうか。
「仕事でも極力一緒にいますし、お休みの日でも、何かと車で出かけたり、いつもは行かない遠くの公園まで足を延ばしたり、生活リズムはそう大きくは変わりません。
心配になることといえば、やはり旅行や出張などでこつぶを連れて行けず、家に一人で長時間置いておかなきゃいけないとき。そんなときはこつぶが一人になることがないよう、ペットシッターさんにお願いしたり、友人に預かってもらったりしています。あとは仕事が遅くなったときや災害による停電のニュースが入ったときは、ハラハラしながら急いで帰っています」

シニア世代のこつぶちゃん、食事を変えて嬉しい変化が!

東さんとの暮らしも10年目に入り、シニア世代を謳歌しているこつぶちゃんですが、現在はユカヌバのシニア用(ラム&ライス)を食しているそうです。

色んなフードを試してきたこつぶちゃん。最近、ユカヌバのフードに変えて、あることを褒められるそうです。

「オーナーとして、食事に求めるものはやはり“犬が健康でいること”。安全性が認められていて、安心して与えられるものでないとね。これまで、特に決まったフードをあげていたわけではなく、色んなものを試してきたんですが、中にはウンチが急に臭くなったフードや尻尾の毛がごっそり抜けちゃって皮膚が炎症を起こしたフードもあったんです。全てがフードのせいではないと思いますが、そのくらい分かりやすく症状が出るんだなと驚きました。
でもここ1ヶ月くらい、ユカヌバのフードに切り替えてからは、とにかく毛がフサフサになりました。換毛期を経て、これから冬に向けて毛が生えてくるんですが、全体的に毛に厚みが出てきましたね。この前、お散歩に出かけたらいつも会う人に“こつぶちゃん、毛並みがすごく綺麗になったね”って褒められたんです」

豊かな毛並みを褒められたこつぶちゃん。毛色も柴犬本来の鮮やかな赤茶色をしています。

これからも健康に歳を重ねていくこつぶちゃんとの生活について

川沿いの道を歩く東さんとこつぶちゃん。

これまで、季節の変わり目や食事でちょっとしたトラブルに見舞われたものの、いたって健康に過ごしてきたというこつぶちゃん。そんなこつぶちゃんとのこれからとは?
「こつぶは、初めてうちへ来たときから本当に手のかからない子だったんです。子犬のときからトイレも1、2回お漏らししたくらいですぐにトイレサークルの上で出来るようになったし。健康状態に関しても、常に見たり触って観察しているのに加えて、1ヶ月に一度、爪切りやメンテナンスのために病院へ行ってるので、そこでも何かおかしいと思った時には診てもらっています。やっぱり定期的な検診が大切ですからね。
それでも最近、部屋でちょっとした段差につまずいたり、お散歩中に前より早く息が上がっている様子を見ると“こつぶも歳をとったなぁ”って思いますね(笑)。
これからも出来る限り、一緒に散歩だけでなく旅行やキャンプへ出かける予定です。実は今年の夏、8月上旬から10日間で東北の方へキャンプに出かけたんです。それがとても楽しく快適だったので、次回は北陸の方へ行ってみてもいいなと計画中です」

キャンプ好きな東さんとこつぶの夏の東北の旅は次回、たくさんのお写真とともにお届けします!

Profile
スタイリスト/東美穂さん
ブランドカタログや雑誌、広告を中心に活躍するファッションスタイリスト。趣味はアウトドアキャンプ。

Text : Wakako Matsukura

Photo : Fumihiko Ikemoto

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba