ユカヌバタイムス

24

May

HEALTH

サイズに合わせてフードを選び分ける理由

犬はサイズによっても様々に特徴が異なるため犬のサイズに合わせたフード選びが大切です。

なぜなら犬は、小型犬だと4kgに満たないものから大型犬だと100kgを超えるものまで、その体格差は生き物の中でもかなり大きいとされているからです。そうなると自ずと小型犬、中型犬、大型犬それぞれに最適な栄養バランスも変わってきます。

例えば、小型犬は中型犬や大型犬に比べ、体積に対して表面積が大きくなるため体内から外へと熱が逃げやいという特徴があります。小型犬は体温を保つために、体重当たり大型犬の約2倍のエネルギーを必要とする。それに合わせて、小型犬のフードはよりエネルギーを補えるレシピなっています。

また大型犬は体格が大きくなるぶん、子犬のときから関節に負担がかかります。そのため人間にも必要とされるコンドロイチンやグルコサミンをしっかりと摂る必要があるというわけです。その中間に位置する中型犬は牧羊犬や猟犬が多く、運動量が多い環境で生まれ育っています。そのため運動した後に活性酸素が生まれることを考慮して、抗酸化成分やたんぱく質と脂質がバランスよく調合されているものを食べる必要があります。

上記で挙げた例はほんの一部に過ぎません。それ以外にも小型犬、中型犬、大型犬では、体のつくりやライフスタイル、本来持ち合わせる性格や年を重ねるに連れての変化など、大小さまざまな違いがあるのです。
このようにワンちゃんの体型による違いと特質をきちんと理解したうえで、適切なフードを選ぶことが大切なのです。

Edit & Text : Yoko Onishi

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba