ユカヌバタイムス

5

Jul

INFORMATION

ちょっとほっこりするエピソード集
「Eukanuba」こぼれ話 Episode2

愛犬をベストコンディションへと導くプレミアムなペットフード「Eukanuba(ユーカヌバ)」は、2019年で命名50年を迎えます。ここではそのユーカヌバの歴史の中から、栄養価や品質とは違う切り口で、少しだけほっこり、誰かに話したくなるエピソードをお届けします!

ユニークな名前とパッケージ、宣伝方法で話題に

発売当時、ユーカヌバのフードは、ドライのミンク(イヌ亜目、イタチ科の哺乳類)用飼料を作る機械で作られており、32オンス(約907g)の1サイズのみで展開していました。少量販売により、一部の人にしか知られていなかったドッグフードブランドが、何で注目を集めたのか。それは最高の品質に加え、ユニークなデザインや広告活動がカギとなりました!

昔も今も、ペットフードといえば動物の写真とブランドロゴが大々的に掲載されるパッケージが一般的ですが、ユーカヌバの当時のパッケージは牛乳パックのような形状に、パープルとグリーンを基調としたシンプルなデザインを採用。さらにパッケージと同色となるパープルの運送トラックが全米を走り回ることで、多くの人々にその存在を知らしめました。

バランスのとれた栄養素にこだわったことでブリーダーたちの間で認められた、さらにデザイン性や意表をつくアイデア、革新的な宣伝方法を駆使することで、知名度と信頼を獲得していくのでした。

text : Wakako Matsukura

illustration : Masatoo Hirano

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba