最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!

ユカヌバタイムス

11

Sep

HEALTH

素朴な質問やふと浮かんだ疑問に原田さんがご名答
獣医師・原田洋志さんに聞いてみよう!
Q:これから訪れる秋冬に、注意すべきこととは?

すでにワンちゃんと一緒に生活している人はもちろん、これからワンちゃんをおうちへ迎えたいと考えている人、またワンちゃんと接点はないけど「そういえばあれって、どうなんだろう?」なんて、普段から湧いてくる疑問の数々。 でも誰に、どう聞けばいいかわからない質問について、ロイヤルカナンのサイエンティフィックコミュニケーションマネージャーであり獣医師としてのキャリアを持つ原田洋志さんがお答えします! 猛暑が落ち着き、過ごしやすくなる秋、そしてグッと寒くなる冬を迎えるにあたり、気をつけるべきワンちゃんの体重管理についてのお話です。

サイエンティフィックコミュニケーションマネージャー/獣医師
原田洋志さん

Question

秋から半年ほど、雑種のワンちゃんと一緒にくらすことになりました。そこで秋冬に向けて気をつけるべきポイントがあれば教えてください!
(神奈川県在住:30代女性)

(相談者のコメント)親戚のうちでくらしている雑種のワンちゃん(推定4歳/♀)を、ワケあって9月から半年間、うちで預かることになりました。一応、トイレやベッド、ドッグフードなど、必要なグッズは一式準備してもらったものを使うんですが、ワンちゃんとのくらしが楽しみなこともあり、私の方でもいろいろ調べているところです。そこで秋から冬にかけて気をつけるべきことについて教えてください。

―いいですね、半年間の期間限定とはいえ、ワンちゃんとのくらしが楽しみな気持ちわかります。でも一方で、命を預かる責任もありますから、相談者さんの前のめりな気持ちはとても素晴らしいと思いました。では、秋冬に気をつけるべきことについて、何かありますか?

犬種は雑種とあるので、ワンちゃん全般が注意すべきポイントについてお答えすると、秋冬に気をつけるべきことはずばり肥満です。

―肥満……。やはりワンちゃんにとって、体重の増加は深刻な問題なんですね。

はい、前に夏場には体温維持のために必要なエネルギーが少なくなるため、自然とワンちゃんの食べる食事の量が減るというお話をしました( https://eukanubatimes.jp/archives/2834 )。そして本来なら、冬場になると食べ物が不足するので、野生動物たちは秋のうちにたくさん食べて身体にエネルギーを蓄えて冬眠したりしますよね。ワンちゃんにもその本能が残っているんですが、人間とくらしている場合は常に食事が用意されていますよね。そうなると、ワンちゃんの本能のまま、食べる分だけ与えていると自然と食事量が増え、肥満になってしまうんです。それに加えて、現代の日本ならではの懸念があります。

―現代の日本ならでは、とは?

人間にも言えることですが、10月から年明けにかけて、ハロウィンやクリスマス、お正月など、何かとイベントが目白押しの時期なんですよね。

―でもそれは人の行事であって、ワンちゃんには本来関係ないですよね?

ええ、本来なら。でも一緒にくらしているワンちゃんとイベントも一緒に楽しみたいという方が最近は多く、何かにつけて悪気なく人の食べ物を与えてしまったりするんですよ。そんな時期が続くうえに、従来の食事も今まで通り、もしくはそれ以上に食べる。そうなると肥満まっしぐらです。

―そういえば、最近はワンちゃん用に作られた可愛らしいデコレーションケーキとかスイーツがあったりしますよね!

そうなんです、そういうフードを見てオーナーさんがテンション上がってワンちゃんに与えるということもありますが、それも度が過ぎるとワンちゃんには良くない影響が……。相談者のかたは気持ちが前のめりになっている分、いろいろと食べさせてあげたくなる時もあると思いますが、体重の増減を気にしながらあげる食事の量を調整して欲しいと思います。

―考えてみたら、SNSなどでワンちゃんにコスプレをさせてハロウィンを楽しんだり、クリスマスを過ごしている人を見かけたこともあります。一緒に楽しむのはいいですが、ノリで食べさせすぎないよう、気をつけたいものですね!

Text : Wakako Matsukura

Illustration : Masatoo Hirano

Special Thanks : Hiroshi Harada

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba

NEWS LETTER

最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!