最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!

ユカヌバタイムス

17

Jul

犬とのくらし

モデルはまじと愛犬ピピちゃんのハッピーアクティブライフ 〜その3〜

ユカヌバタイムスのこれまでの記事をピックアップしたタブロイド紙が現在、一部のユーカヌバ取扱店で絶賛配布中! そこで巻頭企画にご登場いただいたモデル浜島直子さんのインタビューをお届けします。 “はまじ”の愛称で同世代の女性を中心に支持を集めるモデルの浜島直子さんには、一緒にくらし始めて9年になるバディ(相棒)のピピちゃんがいます。インタビュー掲載第三弾は、ピピちゃんとの出会いから、その後ピピちゃんが浜島家へもたらしたさまざまな変化。またこれからのピピちゃんについてお話していただきました。

〜その2〜はこちらから

ピピが家族にもたらした嬉しい変化
シニアになった愛犬とのこれから

はまじさんのおうちへ来て今年で10年目を迎えるピピちゃん。その表情を見ると、普段からご家族のもとで心身ともに満たされているのを感じます。

「初めて会ったのは、実はピピが殺処分される1日前にボランティア団体に保護されたばかりのときでした。トリミング前で、身体も汚れて毛もボサボサだったんです。でも私が抱っこしたとき、私の顔をパッと見上げて、顎をペロペロとなめたんですよ。その日はそのままピピを置いて帰ったんですけど、どうしてもそのときの表情が忘れられず、夫と一緒に後日会いに行ったら夫の方がメロメロになってしまいました(笑)」。

運命的な出会いを経て、はまじさんご家族と一緒に生活を始めたピピちゃん。一方で、念願の愛犬とのくらしを叶えたはまじさんでしたが、旦那さまとの生活にもたらした変化とはどんなものだったのでしょうか?

「もともと夫婦仲は良かったんですが、ピピが来てからは『今度、◯◯へ行こう』とか、『ピピの病院行かなきゃね』って、今まで以上に一緒にいる時間が増えました。そうやって出かけることで、家の近所の金木犀に立ち止まったり、今までは気付けなかった周囲の変化にも気付けるようになりました。また生活リズムもピピに合わせて朝方になったんです。それまで休日となると朝の10時過ぎまで寝ていたんですが、ピピのご飯やお散歩のために朝早くから起きて活動するようになり、休みの日でも充実して過ごすことができています。規則正しい生活リズムのおかげで身体も疲れにくくなりましたしね(笑)。ご近所付き合いにも変化があって、いつもは挨拶しか交わさなかったご近所さんとピピを通して会話をする様になったんです。ワンちゃんグッズを譲ってもらったりして交流が生まれたのは自分でも驚いています。ピピが来てくれたことで新しい扉がいくつも開いたなと感じているんです」。

最近では、シニア世代になるピピちゃんの健康についても考え始めたそうです。

「ピピも昔は元気に歩き回り、ドッグランで走っていたんですが、年を重ねるにつれて寝ている時間が増えてきたのを感じます。だからこそ常にピピのライフステージに合わせて無理はさせず、ピピが一番心地よく、リラックスできる環境作りを心がけています」。

引き取られた時から現在にいたるまで、深い信頼関係で結ばれているピピちゃんとはまじさんご家族。何気ない日々のなかで、相互に幸せな変化がもたらされるというのは、オーナーにとってもワンちゃんにとっても理想的な関係性なのではないでしょうか。これからも愛情に満ち溢れる愛犬ピピちゃんとのハッピーライフがSNSで綴られるのが楽しみです!

Profile
愛称、はまじ。北海道出身。高校在学中にスカウトされ、雑誌『mc sister』でモデルデビュー。現在、雑誌『LEE』をはじめモデルを務めながら、NHK総合「あさイチ」、TBS「暮らしのレシピ」に出演、ラジオ「Curious HAMAJI」のパーソナリテーを務めるなど、幅広く活躍。夫・アベカズヒロ氏と共作の絵本『森へいく』、『しろ』、『ねぶしろ』(ミルブックス)がある。

Text : Wakako Matsukura

Photo : Masahiro Yamamoto

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba

NEWS LETTER

最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!