最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!

ユカヌバタイムス

27

May

HEALTH

素朴な質問やふと浮かんだ疑問に原田さんがご名答
獣医師・原田洋志さんに聞いてみよう!
Q:犬への愛情表現って、どうすればいいですか?

すでにワンちゃんと一緒に生活している人はもちろん、これからワンちゃんをおうちへ迎えたいと考えている人、またワンちゃんと接点はないけど「そういえばあれって、どうなんだろう?」なんて、普段から湧いてくる疑問の数々。 でも誰に、どう聞けばいいかわからない質問について、ロイヤルカナンのサイエンティフィックコミュニケーションマネージャーであり獣医師としてのキャリアを持つ原田洋志さんがお答えします!
今回は「愛犬がとにかく可愛くてたまらない」というオーナーさんから「この気持ちをどう伝えればいいのか?」という心温まる質問です。

サイエンティフィックコミュニケーションマネージャー/獣医師
原田洋志さん

Question

一緒に生活しているワンちゃんへ、一番効果的な愛情表現とはなんですか?(佐賀県在住:40代女性)

(相談者のコメント)一昨年、雑種のワンちゃんを譲ってもらい、一緒に暮らし始めました。犬との生活は実に20年ぶりでお世話する感覚を忘れてしまっている部分もあるんですが、毎朝起きるのが楽しみで仕方ありません。今では、ワンちゃん用のお洋服やおやつもたくさんバリエーションが増えてるので、それを買い与えるのが楽しみのひとつです。そんな中でふと思ったんですが、言葉がわからないワンちゃんへ一番有効な愛情表現とはどんなことなのでしょうか?

―20年ぶりにワンちゃんとの生活を楽しんでいるという相談者ですが質問を読む限り、一緒に暮らしているワンちゃんのことが可愛くて仕方ないという様子が伝わってきますね。言葉の通じないワンちゃんへの愛情表現って何が効果的なんでしょうか?

はい、その答えはシンプルに「いつも一緒にいること」が最大の愛情表現になります。

―いつも一緒にいる、それだけでいいんですか?

一緒にいると言っても、現代社会で人間は、仕事や育児など日頃、やることがいっぱいあり忙しいと思うのでそう簡単ではないと思いますよ。でも犬は普段から群れで生活する習慣がついているので、毎日の散歩もそうですが、休日に一緒に出かけたり、外で遊んだり、じっくりと向き合う時間を作ってあげるのも大切です。

―なるほど……、そういえば以前取材したドッグトレーナーの方が「とにかく四六時中一緒です」とおっしゃっていたのを思い出しました。

ドッグスポーツは特に愛情を伝える上でも効果的だと思います。ワンちゃんは家族といて、何かに一緒に取り組むのも好きですから、コミュニケーションがより深められるドッグスポーツは最適ですね。ドッグスポーツをしている時は人も楽しんでいると思うし、ワンちゃんが成功すると褒めてもらえる。ワンちゃんはオーナーさんの喜ぶ姿を見るのも大好きなので、ドッグスポーツはおすすめです。

―いろいろと買い与えるよりも一緒にアクティブに遊びまわる方がいいですよね、人間もそれによって心身ともに健康になれそうですし。

もちろんおやつのあげ過ぎはカロリーオーバーになり、ワンちゃんの健康に支障をきたすのでよくありませんが、気をつけながらあげる分には問題ありません。でもまずは一緒にいること、そして言葉はわからなくても笑顔で語りかけてあげることで、オーナーさんの愛情は伝わると思います。

Text : Wakako Matsukura

Illustration : Masato Hirano

Special Thanks : Hiroshi Harada

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba

NEWS LETTER

最新記事やキャンペーンなどの
お得な情報をいち早くお届け!