ユカヌバタイムス

11

Jul

HEALTH

シニア用フードは「衰える」前から始めよう

ユーカヌバでは、ワンちゃんが歳を重ねるにつれてシニア用フードへの切り替えを推奨していますが、そこにはちょっとした誤解をしている飼い主さんがいるといいます。

シニア用フードとは、高齢になり衰えてきたワンちゃんのためにあると思い「うちの子は高齢だけど、まだ元気に走り回っているから切り替えなくて平気ね」と考える方がいるのですが、それは大きな間違いなのです。

「ワンちゃんが元気で健康なうちからシニア用フードに切り替えることで、その状態が1日でも長く続くことを念頭に製品づくりをしています。」とは獣医師であり、サイエンティフィックコミニュケーションマネージャーとして、ユーカヌバの商品研究・普及に携わる原田洋志さん談。

シニアフードとは、衰えたワンちゃんに食べさせるものではなく、元気なうちから年齢に合わせて切り替えることで、ワンちゃんが衰えはじめる時間を少しでも先延ばしにするため。健康を貯金していると考えて欲しいのです。

ワンちゃんも人間と同様に、見た目にはわかりませんが、内臓や筋肉、関節などは確実に年齢を重ねています。日頃の様子を観察し、定期検診も受けながら、パッケージに記されている年齢を目安にシニアフードへ切り替えていきましょう。

Edit & Text : Yoko Onishi

FOLLOW

@eukanubatimes

すべての犬に、
アクティブな毎日を。

Eukanuba™ Brand Site

Eukanuba